半同棲の生活費いくらもらう?決め方や話の切り出し方について

半同棲の生活費いくらもらう?決め方や話の切り出し方について


半同棲中の生活費をいくらもらうか考え方

半同棲中の生活費を相手からいくらもらうか決める時には、いきなり金額のことを考えるのではなく、まずは相手と家で過ごす頻度について考えてみましょう。

どういうことかと言うと、家で週1程度過ごすのであれば相手に生活費を要求するのは「そんなに一緒にいないのに?」と引かれることもあります。

ほぼ毎日一緒に家で過ごしているというときには、月々かかってきている生活費の半分をもらったとしても妥当です。


半同棲の生活費をいくらもらうか決め方

半同棲の生活費をいくらもらうか実際に決めるときには、相手と話し合って決めるとその後も揉めることなく生活を続けることが出来ます。

家を借りているのは自分だから自分が欲しい金額を相手に提示するというのも良いですが、その金額が妥当と感じるか、多い・少ないと感じるかは相手次第です。


半同棲の生活費をいくらもらうかの話の切り出し方

相手から「生活費を支払うよ」と言ってきてくれる人であれば、こんな気苦労はしないですね。

しかし、自分から話を切り出さない限り半同棲中の生活費をもらうことが出来ない場合には、我慢し続けるわけにもいきません。

相手を嫌な気持ちさせることなく、上手に話を切り出しましょう。

  • いずれ同棲を考えているから、色々話し合っておきたい
  • 最近家で一緒にいることが多いね

など、さり気なく徐々に今の生活費について話を近づけていきましょう。


相手の家で半同棲しているときはチャンス

自分から「ちゃんと生活費を支払いたい」と相手に伝えましょう。

相手はそんなこと考えていなかったかもしれないし、言いづらくて我慢していたかもしれません。

しかし、自分から生活費について話を切り出すことで「しっかり考えてくれてるんだな」という印象を相手に持たせることが出来ます。

これがきっかけで半同棲から同棲、同棲から結婚へと繋がることもあります。

相手の負担を考えず、見て見ぬふりをする人と長く一緒に居たいとは思えませんよね。


半同棲の生活費をいくらもらうか悩んだら

半同棲の生活費をもらわずに我慢し続ければ、相手との関係を続けるのは難しくなります。

それはお金が足りなくなるのもそうですが、相手への不満が自分の中に募っていくからです。

半同棲の生活費を払って欲しいと言って、相手がどんな反応をするのか、怖い気持ちもあるかもしれません。

しかし、これは相手が本当はどんな人なのか見極めることが出来るとも考えられます。

せっかくなら良い人と長い時間を過ごしたいですよね。

今の相手があなたにとってその良い人かもしれません。

それならお金が足りなくなって、不満を募らせて、関係が悪化するのは嫌ですよね。

半同棲の生活費をいくらもらうか考えたときが行動するときです。

相手に話してみましょう。

半同棲のお金について悩んでいる時は

・半同棲をしてお金がかかる
・パートナーにお金のことを相談できない
・自分が使えるお金を増やしたい
こんな悩みありませんか?

半同棲のお金について悩みがなくなると
・半同棲の生活が前向きになる
・パートナーとより楽しく過ごせる
・自分の好きなことにもお金が使える
お金が少し増えるだけでも変わります。

スマートニュースなら
・現在地で使えるクーポンがすぐ見つかる
・クーポンでいつも定額より安く買い物
・クーポンを使うたびにお金が貯まっていく
クーポンは無料で使えます。

>>スマートニュース

ダウンロードしてみてくださいね!