【9月】入学、新学期となったときのメリットとデメリット

日本の学校ではこれまで4月入学、新学期というものが当たり前でした。

しかし、世界では9月入学、新学期とする学校が多いようです。

そして新型コロナウイルスの影響のため、全国の多くの学校が臨時休校となっている今「日本も9月を入学、新学期とするのはどうだろうか?」という意見が高まってきているようです。

日本の首相である安倍総理大臣も「入学の時期などを9月に変更することについて、さまざまな選択肢を検討する」と述べました。

9月入学への変更は総合的に検討 政府

この記事では、もしも日本の学校も9月入学、新学期となったときにはどのようなメリットがあって、どのようなデメリットが考えられるのかということについてお伝えしていきます。


9月入学、新学期になったときのメリット

9月入学、新学期になったときの一番のメリットとして考えることが出来るのは、最初でも述べた通りで世界の多くの学校では9月入学、新学期というのが当たり前です。

そのため、4月入学、新学期としている今よりも海外留学がしやすくなりますし、また海外からも留学生が日本に来やすくなるというメリットがあります。

そして、受験時期も変更となるでしょう。

現在は冬という時期が受験シーズンですが、9月入学、新学期となった場合には夏という時期が受験シーズンとなります。

冬という時期に受験をしている今の日本では、体調面での不安や天候で交通機関の乱れがあるなど、多くの心配事がありました。

ですが、夏という時期に受験をするようになれば、天候で交通機関が乱れてしまうという可能性が低くなりますし、体調面での不安というものも軽減されることでしょう。


9月入学、新学期になったときのデメリット

9月入学、新学期になることによってデメリットとして考えられるのは、これまでの日本の習慣を変えることに対しての歪みや調整が生じてしまうことではないでしょうか。

現在学校に属している人たちにとっては、これまでの日本の習慣が変わってしまうという大きな変化に対応しなければいけません。

これまでの当たり前としてきた習慣を変えるわけですから、当然慣れるまでには時間がかかりますし当事者には大変なストレスとなるはずです。

どうして自分たちだけこのような目に合わされなければならないのか…と考える人がいても当然のことでしょう。


9月入学、新学期は本当に必要なのだろうか

世界の多くの学校が9月入学、新学期としているのであれば、日本も足並みを揃えることによってメリットが生まれるのは確かです。

受験もしやすくなるのでしょう。

しかし、それは長い目でみれば、という話。

現在学校に通っている学生、先生、保護者たちなどの当事者にとっては、たしかにメリットがあるということは理解できるけれども、デメリットを被るのは自分たち当事者たちなのだという気持ちが強いでしょう。