半同棲の「家賃がもったいない!」と感じたときに読む記事

お互いに一人暮らしをしていて、半同棲のような生活を送っていると自分の家の家賃を支払っていることが「実にもったいない!」と感じてしまいます。

このように半同棲中の家賃がもったいないと思ったときに、何かいい方法は無いものかと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

そこで、世の中の半同棲中のカップルたちは家賃をもったいないと思うことはないのか、家賃がもったいないと思ったときに何かいい方法はないのか、ということについてお伝えしていきます。


半同棲中の家賃はもったいないと世の中のカップルたちも思ってる

自分の家で過ごす時間が多いにしろ、相手の家で過ごす時間が多いにしろ、半同棲をしているカップルというのは世の中の大半が「家賃がもったいない」と感じながら過ごしています。

自分の家で過ごす時間が多い場合には「私の家で過ごす時間が多いのだから少しくらい家賃払ってくれないかな…」なんて気持ちが芽生えてきてしまいますし、相手の家で過ごす時間が多い場合には「自分の家で過ごす時間は少ないのに何で1ヶ月分も家賃を支払わなければいけないのだろう…」なんて考えてしまいます。

しかし、このような考えが出てくるのは当然といえば当然のこと。

半同棲中にこんな風に家賃がもったいないと感じ始めたら、次なる行動を起こすタイミングかもしれません。


半同棲中の家賃がもったいないと感じたら同棲を考えるタイミング

半同棲をしていて家賃がもったいないと感じてきているということは半同棲したてのカップルというわけではなく、ある程度の期間、半同棲生活をしてきたカップルなのではないでしょうか。

そして、半同棲をしている今の家賃がもったいないと感じているということは、相手ともっと一緒にいたいという気持ちがあるはずです。

というのも、半同棲という距離感がちょうどよく感じている人にとっては、一人の時間を持つことが出来る自分の家の家賃を払うことはもったいないと感じることは無いからです。

そのため、半同棲中の家賃の支払いがもったいなく感じてきているということは、相手と今よりももっと長い時間一緒にいたいと考えている証拠です。

相手とより長い時間一緒にいることが出来る同棲について、具体的に考えてみるタイミングではないでしょうか。


半同棲から同棲するには、まずは相手の気持ちをチェック

相手と同棲することが出来れば家賃を半分の支払いにすることが出来ますし、月々かかっている生活費なんかも半分にすることが出来ます。

月々かかっている支払いを半分にすることが出来るにも関わらず、好きな相手とより長く一緒にいることが出来るようになるので、同棲をするって良いことだらけですね。

そのため「早く同棲してしまいたい!」という気持ちになるかもしれませんが、同棲するには確認しなければいけないことがあります。

それは相手が同棲することについてどう考えているのか、相手の気持ちを知っておく必要があります。

相手もあなたと同棲をしたいという気持ちを持っているのであれば問題なく同棲する話を進めていくことが出来ますが、相手が半同棲という距離感を心地よく感じていたり、もう少し半同棲生活を続けていってあなたのことを知りたいと考えているときには、相手の気持ちを無視して同棲する話を進めることは出来ません。

このようにもしも相手が同棲することについて前向きではない場合には、相手が同棲をしたくなるように同棲のメリットを話してみるのはいかがでしょうか。


半同棲から同棲したくなるように話をしてみる

半同棲から同棲をしたときに得られるメリットとしては、なんと言っても家賃が半分になること!ではありますが、お金のことから話し始めてしまっては相手から「お金目当て?」と思われる可能性もあります。

もちろん同棲をする大切なメリットの1つではありますがお金のことはひとまず置いておき、長い時間一緒にいることが出来るようになることや、相手がメリットと感じられるような理由から話してみましょう。