半同棲カップルの生活費はいくら払う?割合や相場・平均額について

半同棲カップルの生活費はいくら?割合や相場・平均額について

半同棲をしているカップルたちは、生活費をどうしているのでしょうか?

半同棲カップルの生活費はいくら払うべきか、また割合や相場・平均金額についてもお伝えしていきます。


まず、半同棲カップルの場合は生活費を払う必要がある?相手に確認!

同棲している場合には、生活費を折半という形で分かりやすくルールが決められます。

同棲をしていれば生活をする家も、食事も、使用する物なども共有する物が多いので、生活費を折半をしたとしてもお互いに納得できますね。

しかし、半同棲となると話が変わってきます。

半同棲の場合には、たまに家に来るお客さんよりも多く家に来るけれど、常に一緒に生活をしているわけでもない。

そのため全ての生活費を折半するというわけにはいかないため、生活費の決め方が難しく悩むカップルが多いのです。

しかし、半同棲生活の状態だからと言って生活費を払わないでいると、相手の負担がどんどん大きくなってしまいます。


半同棲カップルでの生活費はいくら払う?割合や相場・平均額について

これは、半同棲と言っても家で一緒にいる時間の長さによって変わってきます。

例えば半同棲といっても、ほとんど毎日一緒に生活をしている状況であれば生活費の半分を払うようにしましょう。

週に2~3回程度、一緒に生活をしているような状況であれば支払う生活費は半分以下でいいでしょう。

このように実際に「家でどれくらい一緒に生活をしているのか」によって支払うべき生活費は変わってきます。

話し合いによって支払う生活費の金額を決めるとお互いに納得することが出来ますね。

また、半同棲を始めてから増えた分の生活費から一人暮らしをしていたときの生活費を引くと、半同棲をしてからどのくらい生活費が増えたのか見えてきます。

その差額分を支払っているというカップルもいます。


半同棲での生活費の支払い方は色々ある

半同棲をしているカップルの生活費の支払い方は色々あります。

半同棲を始めてから増えた分の生活費を出しているという人もいれば、話し合った金額を出している人。

その他にも、生活費は出さないけれど外食をしたときのお金を全額支払うようにしているという人や、デート代を支払うようにしているという人もいます。

生活費として支払うのが難しい、生活費を受け取ってもらえないという場合には、生活費ではないところでお金の負担を軽減する方法もあります。

生活費以外で、お金の負担をすることが出来ないか探してみて下さい。


半同棲の生活費をお金以外で返す方法もある!

半同棲の生活費を支払うのが難しい場合には、お金以外の方法で返す方法もあります。

例えば、半同棲中の家事を多く担うことです。

家事の多くを担うことによって、相手の身体の負担を軽減することが出来ます。

掃除や洗濯、料理など…毎日の生活の中には意外と多くの家事をこなさなくてはいけません。

そんな家事の負担を軽減することが出来れば、相手も納得してくれる場合があります。


半同棲をすると増える生活費

半同棲を始めると、電気代や水道代などの支払いが増えたり、家の中のものを使用する機会が増えるので消耗品はより早く消耗されるようになります。

相手に負担をかけたままでいると相手の負担は大きくなる一方なので、いずれ不満が爆発してしまう可能性もあります。

そのため、早いうちから生活費の負担について話し合いをするのがおすすめです。

お金の話はしづらいものですが、ほっておくと取り返しのつかないことにもなりかねません。

楽しく2人で半同棲をするためにも、半同棲中の生活費について話し合いをしてみましょう!