山芋をかゆくならないで擦る方法は簡単!かゆみを取る方法も簡単

山芋,かゆくならない,擦る,方法

山芋をかゆくらないで擦る方法は簡単です。

先に言ってしまうと「水で薄めた酢水に手をつけること」なります。

どうして酢水に手をつけると痒くならないで山芋を擦ることが出来るのか?

痒くなってしまった時はどうしたら痒みを取ることが出来るのか?

もう知りたい方は、その理由について書きましたので良かったら少し読み進めてみて下さいね!


山芋に触れるとかゆくなる原因

まずは山芋に触れると痒くなる原因について簡単にお伝えします。

山芋を擦ろうとして触れると手が痒くなってしまったり、食べると口の周りや喉のあたりがムズムズしてきたりした経験は皆さんあると思います。

その原因は「シュウ酸カルシウム」の影響が考えられるそうです。

シュウ酸カルシウムとはアクの原因となるもので、このシュウ酸カルシウムを顕微鏡で見てみると尖った形をしているそうです。

この尖った形をしているために触れてしまった皮膚や粘膜を刺激してしまうので、痒くなってしまったりムズムズとしてきたりしてしまいます。


山芋をかゆくならないで擦る方法は簡単

山芋に触れると痒くなってしまう原因が分かったところで早速、山芋を痒くならないで擦る方法についてお伝えしていきます!

山芋の痒みの原因であったシュウ酸カルシウムですが、実は「酢で融解する性質」を持っています。

そのため、山芋を擦り下ろすときには「手を水で薄めた酢に一度つけること」で山芋の痒みを防ぐことができます。

これ、やってみると分かってもらえるんですがとても効果があります!

なので、山芋の痒みに悩んでいる人にはぜひ試してみて欲しい方法です。


山芋のかゆみを取る方法も簡単

山芋に触れてかゆみが出てから、痒みを取りたい場合もあると思います。

そんな時にも水で薄めたお酢に手をつけることによってかゆみを取ることができます!

また、手を洗ってから痒い部分にお酢やレモン汁をつけて、揉み込むようにしてから擦り洗いをしても痒みを取ることが出来ますよ。

あとは、痒い部分を温めることでも痒みをとることが出来ます。

山芋の痒みの成分であるシュウ酸カルシウムは熱に弱い性質を持っています。

そのため、温めた水に痒い部分をつけることでも簡単に痒みを取ることが出来ます。

試しやすい方法で山芋の痒みを取ってみて下さいね!

山芋は擦っても煮ても美味しいですが、痒みが出てきてしまうのが辛くてなかなか料理に使うことが出来なかったという人も多いと思います。

ぜひ、今回紹介させていただいた方法で山芋を触っても痒み知らずで美味しく食べてみてくださいね!